【短い映画・89分】人の命が軽い!「タッカーとデイル」は観る人を選ぶホラーコメディの傑作

あらすじ

タイトルは「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」。

顔が怖い中年男二人組・タッカーとデイル。

コツコツ貯めたお金で山奥に別荘を買い、そこで休暇を過ごすことにする。

しかし、キャンプに来ていた大学生グループから「あの二人は殺人鬼では」という疑いをかけられ・・・

不謹慎な笑いが好きな人向けのコメディ映画

めちゃくちゃ面白い最高の映画!

くだらない理由でバンバン大学生が死んでいくので、道徳観のしっかりした人は笑えないかも。

ただ、遊びに来ていた大学生グループが徹底的におバカちゃんとして描かれているので、感情移入することなく笑えてしまうというか・・・

コメディになるギリギリのところを上手く攻めた傑作だと思います。

本当はただの気のいい二人組なのに、誤解が誤解を呼び、やることなすことが殺人鬼っぽく見えてしまう展開も面白い。

ちなみに私が好きなシーンは

・・・どうでしょうか、観たくなりませんか!?

美女と野獣的ラブストーリーとしても秀逸

この映画がすごいのは、主人公デイルと一人の女子大生のラブストーリーとしても成立しているところ。

自分のことを「デブだしブサイクだしバカ」と思い、劣等感の塊であるデイル。

大学生グループの一人であるアリソンも、デイルのことを最初は怖いと思っていましたが、だんだん彼の優しさと賢さに気づきます。

ブラックなコメディの裏に、美女と野獣的なラブストーリーも散りばめたニクい映画です。

デイルは不器用ですがとても心優しいので、観客も(大学生が死んでもいいから二人がくっつきますように)と応援したくなってしまう。

ポテトチップスとビールを片手に、笑いのツボが合う人と

金曜日の夜、ボテトチップスとビール、ピザなんかを出して気の合う友達や家族と観るのに最高の映画かと思います。

ちょっとグロいシーンがあり、人が死にまくるので、事前に好みをはっきりさせておく必要がありますが。

とにかく頭を空っぽにして、バカバカしさを楽しめる作品です。